読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自省録

日々立ち止まりながら思いついたことを長々と書くblog

Hulu

先程Huluを解約しました。

 

言うまでもなく動画配信サービスですね。

 

英語の勉強を兼ねて海外ドラマをタブレットPCで観たいと思い、今年1月に加入しました。月1000円弱で動画見放題で、結局『SUITS スーツ』ばかり観ていたのですが、それでもお得感がありました。不満があるとすれば、画質が高画質と低画質の2パターンしかないこと、ダウンロードしてオフライン環境で観ることができないこと、ぐらいでした。

 

また、動画配信サービスの競合となるNetflixやU-Nextと比較しても海外ドラマ番組の数は群を抜いており、トータルバランスの優れたサービスだったと思います。

 

が、そんな状況が一変する事件が起きました。

 

始まりはさざ波のように、5月17日よりホームページドメインが従来の「hulu.jp」から「happyon.jp」に変更となることが発表されました。

 

Huluはアメリカのサービスなのですが、日本での配信の経緯については以下Wikipediaからの引用をご参照下さい。

 

当初アメリカ、アメリカの海外領土内からしか利用できなかったが、2011年8月31日、世界に先駆けて日本でhulu.jpのサービスを開始した。地上波による定時番組テレビジョン放送が世界的に見て突出して充実している日本ではSVOD(Subscription Video On-Demand、加入ベースのビデオ・オン・デマンド)事業は苦戦し、2014年に日本テレビ放送網(NTV)に売却され、同社の完全子会社であるHJホールディングス合同会社(現・HJホールディングス株式会社)へHuluの日本向けサービスの権利義務を承継した。

 

「Happyon(ハッピョン)」ってダサい気がするのはこの際置いておきましょう。システム移行のため、HJホールディングスが日本独自のドメインを取得したということらしいです。アプリの変更も目を瞑りましょう。

 

問題はもっと根本的な所にありました…。

 

視聴中に何度も動画が止まる…。「スポナビライブやDAZNでストレスレスにサッカーを観たい!」という理由で我が家のネット環境は整っていると自負しているのですが、動画配信サービスのくせに全くスムーズに動画が見られないことに衝撃を受けました。

 

本国との契約がどうなっているのか分かりませんが、ドメイン、システム変更に留まらず、将来的にはHuluとの権利契約を解消も視野に入れているのかもしれません。ただ、独り立ちを目指すにはシステムが脆弱過ぎました。そんな状態で今回の決定に踏み切った日本テレビ、HJホールディングスのサービスを継続する気になれませんでした。

 

「月1000円ぐらい…」とも思いましたが、1000円を別の定額サービスに使うこともできますし、日帰り旅行1回分と考えることもできるので、自分には無価値なものにお金を払うことは止めました。

 

ネットを見るとやはりリニューアル後の評判が悪いようで、ユーザー離れが進みそうです。早急に手を打たなければ、品質低下→市場シェア低下→売上・利益の減少→コンテンツ数の減少…という悪循環に嵌るでしょう。

 

品質を取り戻した頃には手遅れになっていそうな予感。

一からの英語

 英語…。

 

もうこの言葉を口にしたくないほど、今まで挫折を続けてきました。

 

学生時代は英語が苦手ではありませんでした。単語と文法を丸暗記し、長文読解を繰り返すことで、大学受験突破に求められる「読む」「書く」に特化した力は身に付いたと思います。一方で、学校で気まぐれのように行われた英会話の授業が嫌いで、「受験に必要無いから」と言い訳をしながら避けていました。

 

自由な時間が無限にあったはずの大学では全くと言って良いほど英語(英語以外も)を勉強することが無く、社会人になってからは必要性を感じながらも1年単位で英語の勉強を始めては止め、始めては止めを繰り返していました。

 

これまでの挫折を振り返り、原因を考えてみました。

 

・過去を美化している

・ゴールが遠過ぎる

・範囲を広げ過ぎる 

 

昔は勉強ができた(はずの)私が、仕事でネイティブと対等に渡り合えるレベルの英語を習得するために、ボキャブラリー、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングを中心に英語学習する…大袈裟かもしれませんが、心の奥底にそんな思いがあって、学習を始めると現実と理想のギャップに嫌気が差して挫折してきたのだと思います。

 

自分をして棚卸し、適切な学習法を考えてみます。

 

TOEICは650点前後

・リスニングが苦手

ボキャブラリーに自信が無い

・複数教材を同時並行できない

・飽き性

 

「学習を継続すること」と「教材を最後まで終わらせること」に主眼を置いて、(多分)現実の自分に合った教材を選びました。

 

毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする

毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする

 
毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

 

 

高校生レベル、ボリュームが少なく、英単語と英文法を網羅できて、音声教材が付属しているので、内容を見て今の私にとっては必要十分な教材だと思いました。この二つの教材を終わらせることに1ヶ月間全力を注ぎ、それから次を考えます。

 

あと、個人的な楽しみとして2月からHuluで海外ドラマ視聴しています。リスニング力が向上すれば良いな、とは思っているのですが、こちらは肩肘張らず続けます。問題はHuluの新アプリが酷過ぎること…。

 

 

 

 

とにかくガブリエル・マクトがカッコイイ(笑)

一つのこと

雨。

 

珍しく休日に飲み会、という時に限って結構な雨が降ってたりします。飲み会が終わる頃には止んでいると良いのですが…。

 

その飲み会までは会社で仕事をしていました。後に楽しみが待っているから昼は頑張ろうという思いよりは、妻への後ろめたさを少しでも和らげたい思いの方が強いです(笑)

 

出張が多いため、会社の事務作業が溜まることが多いのですが、最近読んだ自己啓発本の実践で、あれもこれもやろうとせず優先順位を決めて目の前の仕事を一つずつ終わらせることを心掛けています。自己啓発本…内容を消化して生活の中で実践しないと意味が無いとは思いつつも、藁をもすがる思いでついつい手を出してしまいます。

 

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

 

 

本書ではマルチタスクをこなすことは非効率という考え方を大前提として、一つのことに集中して取り組むべきだ、 と繰り返し主張しています。

 

一点に注力することで想像以上の成果に結びつく…主張している内容自体は必ずしも目新しいものではないと思うのですが、生まれながらの「ながら族」の私にとっては、これまで失敗してきたやり方を論理的に指摘されているような気持ちになりました。

 

テレビを見ながら勉強をしたり、ゲームをしながら卒業論文を買いたり、必要も無いのに同時並行で仕事を進めたり…。文字にすると恥ずかしくなる行動ばかりですが、人生の各ステージで同時並行で作業を進められると自分を過信したために、結局中途半端な結果に終わっていたことを思い出しました。また、仕事においてもプライベートにおいても、「あれもこれもやらなければいけない」と考えるせいで気が散ってしまい、結局目の前のすべきことに手がつけられない…ということも日常生活で山ほど経験してきました。

 

どこかで「いずれはマルチタスクになれる」と思っていたせいか、これまでの失敗体験に蓋をして、いつまでも同じ過ちを繰り返してきました。自分には一つのことしかできない、だからこそやるべきことを洗い出し、優先順位を付け、本当にやりたいこと見つけることが重要だと感じました。

 

以上、読書感想文みたいな記事になってしまいましたが、これから「一つのこと」を実践していきたいと思います。 

片付け

今年のGWは三連休、一勤、五連休。

 

五連休を利用して里帰りをしていました。

法事への参加が目的でしたが、実家でダラダラ過ごしていると母親から学生の頃に買い溜めた漫画を片付けるよう指令を受け、弟と二人で整理することにしました。

 

500冊は優に超えるボリュームで、本棚を処分するだけでも結構な作業でしたが、無事に段ボールに詰め終え、後はBOOKOFFさんにお任せするだけ…という所までは頑張りました。量が量だけに査定額が気になりますが、結果に関わらず、弟に鰻をご馳走してもらうことで手を打ちました(笑)

 

今回作業を終えて感じたのが、実家を片付けることの必要性でした。母親は60を過ぎたばかりで元気なのですが、私も弟も実家から離れて暮らしているので三人が実家に集まる機会は限られています。また、3年、5年と経過すれば負担が大きくなるので、お盆や年末年始など家族が集まった時は何か一つを片付けることを意識付ける必要があると痛感しました。

 

一方、目先で取り組んでいるのが今の家の片付け。

 

私の所有物があちこちに散乱していて家族に迷惑を掛けていると感じているため、今年中(目標は9月まで)には一通り片付けるつもりです。

 

整理対象は「衣類」「会社関連」「本・雑誌」「DVD」「写真」で、どこから手を付けるか考えたいと思います。

 

①衣類

サイズが微妙に合わない服、着る機会が極端に少ない服は容赦無く処分し、当面は「購入量<処分量」として全体量を調整する。

 

②本・雑誌

漫画や小説は引越しの度に大方処分してきたので、比較的作業負荷が小さそう。漫画は選定が難しいので、不要な雑誌から処分する。

 

③DVD

TV番組を撮りっ放してHDD保存、DVDに移動させてもラベルを貼らずにプラスチックの箱で保管、というカオス状態になっているので、DVDの内容を確認し、ラベル管理から始める。

 

④会社関連

会社関連で一番困っているのが名刺の整理。大半の名刺が未整理でパッと取り出せない状態。いきなり全ての名刺を整理することは不可能なので、まずは2017年4月分からスキャンし、スマホ管理を始める。

 

⑤写真

PCに保存したファイルの量が多すぎて、必要・不要で分類することがほぼ不可能。また、RAWファイルや動画ファイルもあるので、PCの容量を目下圧迫中。整理を諦め、バックアップ先(外付けHDD?クラウド?)を選定する。

 

一番の難関は⑤だと思いますが、あくまでPC内の出来事なので、①~④とは切り分けて作業を進めたいと思います。

 

①~③は6月中に何とか終わらせたい!

Facebook

今週、Facebookを止めました。

 

始めたのは4年前。

連絡先も分からないような学生時代の友人と繋がったら面白いかな?と何となく興味を持ったことがきっかけでした。

 

趣味のサッカー観戦引っ掛けて3ヶ月に1回は旅行に行くので旅行の感想とか、今後出席希望者が出れば良いなと思い同窓会的な飲み会の報告とか、1か月に1回ペースで更新していたのですが、子供が生まれてからは写真をアップすることに抵抗感が出てきて、丸1年放置していました。

 

それでもアカウントを残していたのは主に友人の近況を見るためでしたが、「コイツ、変わったなぁ~」とか「常識の無いこと書くなぁ~」とか、負の感情ばかり。また、皆も飽きてきたのか更新するのは一部の人だけで、内容に対しても段々と興味が無くなっていました。

 

一般に、Facebookのアクティブ率は50~60%程度と言われています。

アクティブユーザーとは、主にソーシャルサービスなどで、ある期間内に1回以上のサービス利用があったユーザーのことである。アクティブユーザーは、会員登録が必要なサービスにおいて、「登録はしたが実際にはほとんどサービスを利用していないユーザー」を除いた指標として用いられる。サービスの内容などによって利用頻度の尺度は異なり、1日に1回以上利用しているユーザーをアクティブユーザーと見なす場合もあれば、1週間に1回以上利用すればアクティブユーザーと見なす場合もある。

つまり、タイムラインを更新しなくとも、ログインするだけで、基本情報を変更するだけで、アクティブユーザーと見なされる…かもしれないということなので、実際には私のように他人の更新を閲覧しているだけ、という人が多数いると思われます。また、私見ですが、頻繁に更新しているのは40~50代の方々が仕事の関係者への情報発信や昔の友達とプチ同窓会気分で交流している傾向が強くなっている気がします。

 

これまで、スマホを触ったらとりあえずFacebookの確認、という生活が染み付いてしまっていたので、無駄な時間を削るためにもアカウントを削除するのが手っ取り早い、という結論に至りました。閲覧専用と化した実名アカウントを放置するのも気持ち悪いですし。

 

想定される唯一のデメリットとしては、メッセンジャー機能を利用できなくなることで連絡を取れなくなる人がいることですが、仲が良い人とは別の連絡手段がありますし、Facebookのみで繋がっていた人とも必要に迫られれば友人伝いに連絡先を聞くこともできるので、無ければ無いで何とかなりそうです。

 

今年初めに漸くLineを始めた一方でTwitterを退会し、SNSの取捨選択を進めています。SNS全体に関しては、別の機会に自分の体験を交えて掘り下げた話をしてみたいと思います。

オートマティズム

2017年の目標は「習慣を増やすこと」。

 

これまでの「毎日○○すれば△△できる」と思ったことが山ほどあったのですが、結局モノになることは無く、いつも途中で挫折してきました。過去に挫折をした典型的な例としては、「毎日英語を勉強すれば海外でバリバリ仕事ができる英語力が身に付く」というもの。もう10年以上同じことを考えていますが、勉強しては止め、の繰り返しで海外出張でスムーズなやりとりができるレベルには全く届いていません。

 

それで、昨年末から年始の空き時間に読んだ本がコレ。

30日で人生を変える 「続ける」習慣

30日で人生を変える 「続ける」習慣

 

読み進めていて目から鱗が落ちるという衝撃はありませんでしたが、自分にとって負担にならない所から始める、「ベイビーステップ」で小さな一歩から踏み出す、という考え方がとても共感できました。結果ではなく、過程が目的になるという感覚。

 

早急に結果を求めず、まずは少しずつ続けてみようと思った結果、以下の3つの習慣(また、3つですが…)を今も続けています。

 

①朝食を食べながら日経電子版を読む

②通勤電車で英単語のリスニングをする

③帰宅後に海外ドラマを観る

 

これらの習慣によって何かが飛躍的に向上したかどうかはさておき、今まで嫌々始めて必ず挫折で終わっていたことが生活の一部として続くようになりました。特に今は「仕事」「語学」「健康」という3つのテーマを意識した習慣を取り入れるようにしています。この調子で「週一回はジョギングする」とか、「出張の移動中は必ず読書する」とか、自分に合った習慣を増やしたいと思います。

 

次のステップは結果を求めるために「身に付いた習慣の量・質を上げていく」という所になりますね。

 

6月に会社でTOEICがあるのでもう本腰を入れないと…。

 

*「オートマティズム」って、サッカーでは習慣と近い意味で使われます。トルシエジャパン。ロティーナヴェルディ

開設

はてなブログを始めました。

 

ブログブームが始まった2004年頃からブログを始めたり止めたりを繰り返していたのですが、2010年から6年半、アメブロで趣味(サッカー観戦とか旅行とか)や生活に関して2~3日に1回のペースで色々書いていました。

 

今年の4月に入ってから何故か記事更新のモチベーションが著しく低下してしまったので、気分一新、はてなブログで立ち上げることにしました。

 

モチベーションが低下の原因として思い当たる点は3つ。

 

スマホからタブレットPCに買い替えた

大手キャリアから格安SIMに移行したことをきっかけに、スマホよりも端末価格が安かったタブレットPCに買い替えました。画面が大きくなることで電子書籍やら動画やらの閲覧で格段に便利となりましたが、逆に失ったのが携帯性。今までブログの写真アップのために手軽にスマホを利用していましたが、写真撮影のためにタブレットPCを取り出すひと手間が面倒で、しかも画質はスマホ以下。デジカメからタブレットPCwifi転送することも考えましたが、より面倒だったのでカメラ経由の写真アップは断念しました。

 

②人の目が気になり始めた

趣味で仲良くなった方々とブログでも繋がっていたのですが、どうしても見られていることを意識して記事のテーマを選ぶ傾向が強くなっていきました。仕事やプライベートの考え方や不平不満を長々と書きたいことがあっても、誤解されたくないという気持ちが先行して趣味に偏った内容になっていました。元々、SNSを始めても飽きるタイプで、mixitwitterは長く続かず、4年前に始めたFacebookも1年以上休止状態です。もしかしたら自分を知っている人に向かって何かを発信することが好きではないのかもしれません。

 

③ブログを続ける目的が分からなくなった

前のブログを始めた目的が「自分の考えや経験を文字に残しておく」ことだったのですが、段々と「これから出張!」とか「サッカー観戦なう」みたいな一言と写真で誤魔化すことが多くなりました(笑)それはそれで文章を書く行為が習慣付くというメリットがあったのですが、メモのような記事ばかりが増え、結局読み返すこともほとんど無かったので、続けている目的が分からなくなってしまいました。同じ時間を割くなら、ブログ書いて自分の頭を整理したい、という気持ちが強くなりました。

 

自己分析は終わり。

 

月に数回、週に1回ぐらい更新するぐらいの気持ちで、今関心のあることをダラダラ書いてみようと思います。