自省録

日々立ち止まりながら思いついたことを長々と書くblog

2018年は730点

先週、年2回社内で実施されるTOEICテストを受講しました。

 

問題の傾向に慣れたせいか、前回6月の受講時と比較すると落ち着いて臨めたと思います。リーディングパートも若干時間に余裕がありましたし…ラスト10問は間に合いませんでしたけど。手応えからすると600点を少し超えたぐらいかな…と。相変わらず低いレベルの中で一喜一憂することになりそうです。600点を初めて超えたのが2014年なので、かれこれ4年近く同じ場所で停滞しています。

 

海外出張では英会話が必要、TOEICではリスニングとリーディングが必要ですが、「あれもこれもやらなければ」という思いが悪循環になって続かない原因となってしまっていました。リスニングにはCD、リーディングは文法書、英会話はオンライン英会話…いざ計画を立てても毎日仕事がある中で続くはずがなく、結局全てが中途半端な状態のまま挫折するということを繰り返していました。

 

htup8418.hatenablog.com

 

今年は英会話に比較的重点を置きながら極力シンプルに学習することを心掛けたおかげで(特に7~9月は)ある程度継続した学習が出来ていましたが、10月以降は「海外出張でのプレゼンが不安…」という気持ちが強くなり、計画倒れの学習になってしまいました。

 

2017年の反省を踏まえ、少し早いですが2018年の目標を決めました。

 

それは「TOEICで730点を取る」ことです。

 

TOEICなんてテクニックを磨けば点数が上がる」とか、「TOEICの勉強をしても生きた英語が身に付かない」とか、本来TOEICは目標ではありませんが、「TOEICの点数も伸びない、英会話力にも自信が無い」状態が長年続いているので、何も変わらないよりは余程マシだと思います。会社で受講すると次は2018年6月になるので、まずは3月か4月に自発的に申し込みたいと思います。

 

リスニングもリーディングも勉強…となると毎度のワチャワチャした負けパターンにハマってしまいそうなので、一点突破でまずは3か月間リスニングに集中します。

 

2018年は小さなことから変わります。

プレーオフ

終戦

 

プレーオフアビスパ福岡に敗れ、東京ヴェルディの2017年数やシーズンはあっけなく幕を閉じました。

1月の胸スポンサーの件から10ヶ月、結局一度も気持ちが盛り上がることは無く、5連勝した時も、5位でレギュラーシーズンを終えた時も、プレーオフで敗れた時も、どこか醒めた目でクラブと接した1年でした。こんなことはこの10年無かったです。

 

私の心の棘は、人によっては「そんな些細なことで…」と思われますが、サッカーのサポーターなんて100%感情で動くものなので、どんな些細なことであれ、その感情を阻害するようなことが起きれば「死ぬまで応援を続けよう」なんて気持ちは一瞬で消え去ります。私は今回の件でそう気付きました。

 

来年のことは分かりません。クラブを取り巻く環境が変わるかもしれませんし、私の気持ちも変わるかもしれません。もし全てが今年と同じならば、もう東京ヴェルディの試合を観に行かないという選択肢もあるのですが、妻を含め過去築いてきた人間関係を考えると、私には急に断ち切ることはできません。

 

現実的な話をすると、1試合でチケット代、交通費、食費を合わせて1万円超掛かります。これまではその費用に価値を感じていたのですが、それが無くなると急にキツく感じます…。来年は家族サービス(妻へのサービス)のつもりで年数回行きますかね。そして、それ以上にヴェルディをきっかけにした仲間との関係を維持して、新しい交友関係を結べたら良いですね。

 

本当に長いシーズンでした。

 

それでも、心のどこかで来年は何かが変わることを期待しています。

英語学習報告

今年の海外出張シリーズが終わりました。

 

本来は10月末に一度だけ欧州出張する予定でしたが、訳あって立て続けに中国出張することになりました(笑)10日で2回の海外出張はかなりハードなミッションでしたが、とりあえず今は終わってホッとしています。勉強の成果が出たかは微妙ですが、これまでの海外出張で一番気負わずに終えられた気がしました。これは準備のおかげですね。

 

ミッション終了も束の間、次は12月のTOEICに向けて勉強開始です。「試験のための英語学習なんて」と言う人もいますが、試験勉強も出来ないヤツが実践で役に立つ英語を話せるようになると思えません。(私個人の意見です)ということで、付け焼き刃ですが2冊対策本を買いました。実質3週間程度しか無いので出来ることは限られていますが…。

 

TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

 

 

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 

前回受験時に構成の変化に戸惑いましたので今回は特にリーディングパートの長文読解を重点的に対策を立てていきたいと思います。

 

今回の目標スコアはもう一度600超えですね…。

意識高いこと言ってる割にレベル低いよなぁ…。

 

TOEICが終わったらオンライン英会話を再開します。

お昼はナポリタン

f:id:htup8418:20171104223506j:plain


今日のお昼ご飯。

 

一人暮らしの時は外食ばかり、結婚してからは妻任せで全く料理は出来ないのですが、たまにはお昼ぐらい作ってみようと思い立ちナポリタンに挑戦(挑戦というほどではない)してみました。ナポリタン好きなんですよね…笑

 

太麺をしっかり茹で、モチモチ感が出るよう少し寝かせ、ケチャップの水気はフライパンで飛ばして…と、ネットで作り方を学んだつもりだったのですが、いざ作ってみると思ったようにはならず…。ちなみに、こんな感じの材料で三人前を作りました。ちょっと具材が多いかな…と思いましたが、量的にはまずまずでした。

 

麺(1.8mm) 300g     

ピーマン   2個

たまねぎ   1個

しめじ    1個

ウインナー  6個

ケチャップ  150cc

ソース    少々

 

野菜とウインナーを切って、麺を茹でて寝かして、野菜を炒めて、ケチャップを投入する所までは(当たり前ですが)順調でした。問題は寝かしていた麺。全く解さずに投入してしまったせいで、ブチブチ切れるわケチャップに絡まないわ焦げてくるわ…でパニック!笑 

 

結局、何となく見た目はナポリタンっぽくなりましたが、イメージしていたケチャップたっぷり感に程遠いパサパサした出来となってしまいました。唯一の救いは子供が完食してくれたことですね。(ちょっと焦げててゴメン…)

 

この反省を次に生かすために、「油を増やす」「ケチャップを増やす」「投入前に麺を解す」「具材の下味付けを忘れない」を意識したいと思います。 

 

ナポリタン王への道は険しい…。

保険の見直し②

以前もお話ししましたが、我が家は保険貧乏です。

 

①収入保障保険  5千円(掛捨)

医療保険     12千円(掛捨)

終身保険     41千円(積立)

終身保険       9千円(積立)

 

合計67千円…笑

新婚当時の俺、考えなさ過ぎ…。

 

子供も生まれ、今後将来設計を描く上で見直しの必要があると感じています。

 

まずは終身保険

解約返戻金の金額が大きく元本割れすることを考えると途中で解約する勇気はありません…。多少運用利率に不満はありますが、「終身保険は年金の積み立て!」と割り切って今後も契約継続する予定です。

 

一方、見直す価値があるのが収入保障保険と医療保険です。

 

収入保障保険は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命で契約しています。私の死亡時に62歳の年まで月20万が支払われるという内容ですが、非喫煙者で健康体の扱いとなるので、比較的軽い支払いで契約できていると思います。とはいえ、終身保険の保障もあるので、もう少し保障を軽くしても問題なさそうです。(妻は生活力のある人なのでパートに出るでしょうし…)

 

次に医療保険

私が医療保険で月6千円、妻が医療保険ガン保険を合わせて月6千円、合計で月12千円の保険料となります。当初は夫婦共にオリックス生命医療保険『CURE』とガン保険『Believe』を契約していました。昨年見直す機会があって『新CURE』に一本化することにしたのですが、妻だけ審査が通らず今に至っています。「保険は万が一に備えるもの」という点では、現行の60日入院保障の医療保険は微妙なんですよね…。むしろ貯金でカバーできないような長期入院にこそ医療保険は必要だと思います。最低でも120日、もしくはそれ以上の入院にも備えられるような医療保険に変更するつもりです。(全ては貯蓄でカバーできる、と言えるだけの財力はありません)

 

明日『ほけんの窓口』に行く予定ですが、上記のような相談は担当者にとって旨味が少ない(同じ保険で保障金額を減らす、トレンドではない医療保険を探す)と思います。どれだけ親身になって相談に乗ってくれるかで、私の個人的な評価は大きく変わりそうです…笑

 

節約した分、運用したい。

家計と貯蓄とライフイベント

今日は(今日も?)お金の話。

 

夫婦で共通の趣味(サッカー観戦)絡みの予定が多く、二人とも飲み会が好きで、かつダブルインカムという強い支えがあったことから元々我が家は浪費家でした。が、子供が生まれて一年半、結局保育園には入れられず、妻は9月で退職することになりました。ダブルインカムの頃は多少浪費しても貯金ができていましたが、これまで目を逸らしていた現実を直視せざるを得なくなりました。

 

ざっくりですが、我が家の世帯収入は手取りで約40万円。家賃は実に収入の4割を占めているのですが、家賃が高ければ手当が増える仕組みなので、家賃の安いマンションに引っ越しても大きな節約は見込めません。更にそこから財形貯蓄や持株会、貯蓄型保険で約8万円が引かれます。残り16万円の中から食費、光熱費、通信費、遊興費、私の小遣い、雑費を引くと当然のように毎月赤字となり、年2回のボーナスで補填している状態です。

 

ボーナスが貰える前提で収支バランスを取っている我が家の家計は危ういと思うのですが、「貯蓄8万円込みの赤字であること」、「すぐに引き出せる銀行預金が一定額あること」、「今は年間の赤字補填以上のボーナスを貰えていること」から、本当の危険水域ではないと思うようにしています。

 

まぁ、貯蓄型を含むとは言え、月7万円の保険は明らかにやり過ぎですね…。結婚直後に『ほけんの窓口』で言われるがままに契約してしまったことに反省しています。私の無知と無関心によるものなので自業自得です。

 

htup8418.hatenablog.com

 

これからお金が掛かるであろう以下の三つのライフイベントが控えています。人それぞれですが、恐らく私は全て通過することになるでしょう。

 

1.住宅購入(3~5年後)

2.教育(5~10年後)

3.老後(25~30年後)

 

住宅購入の頭金は資産運用する時間が無いのでコツコツ貯金するしかありません。また、老後は掛け過ぎている退職金と貯蓄型保険と長期の資産運用+αがあれば目標値に何とか届くかな…と。教育資金はこれから目標値を決めないといけないですね。

 

まずは形から…と10月から準備を始めました。

 

・ネット証券口座の開設

idecoの申請

・つみたてNISA口座の開設

・住宅購入頭金用の銀行口座の開設

 

会社に厚生年金制度があるため、idecoは月12,000円の積み立てが上限です。積み立ての上限金額が高く、いつでも引き出せるつみたてNISAを目一杯活用して今後に備えることが鍵になりそうです。

 

TDS

先週、母の上京に合わせて一泊二日、家族4人でディズニーシーに行きました。

 

元々9月の三連休に行く予定だったのですが、台風で延期となっておりました。(母は自他共に認める強烈な雨女)今回も土日が雨予報だったので何度も再延期したい気持ちに駆られたのですが、母の強い希望もあり決行することにしました。

 

7月のディズニーランドに続いて二回目のディズニーリゾート。二十年以上疎遠だったディズニーと急速に接近した一年ですね(笑)

 

htup8418.hatenablog.com

 

結果は…行って大正解でした!土曜日はほとんど雨に降られること無く、日曜日はホテルライフとお土産に集中しましたので、雨で予定変更をする必要が全くありませんでした。今週も台風接近中ですし、結果的には再延期しなくて本当に良かったです。

 

園内の細かい感想は割愛しますが、ディズニーシーにはディズニーランドとはまた違った趣がありました。甲乙つけがたいですね。アトラクションのディズニーランド、街並みのディズニーシー、という括りは強引過ぎますが、それぞれに特長があります。「お酒も飲めるし、シーはランドより大人向け」とよく聞きますが、1歳の子供を含めてゆっくり楽しみたい我が家にとっては、今回はディズニーシーで正解でした。

 

f:id:htup8418:20171021081514j:image
f:id:htup8418:20171021081539j:image
f:id:htup8418:20171021081601j:image
f:id:htup8418:20171021081626j:image
f:id:htup8418:20171021101634j:image
f:id:htup8418:20171021081658j:image
f:id:htup8418:20171021081721j:image
f:id:htup8418:20171021081749j:image
f:id:htup8418:20171021081806j:image

 

シェラトン・グランデ・トウキョウ・ベイ・ホテル』に泊まりました。(当初は『変なホテル 舞浜東京ベイ』の予定でした)ディナービュッフェのローストビーフが美味しかったです。


f:id:htup8418:20171021081851j:image

 

家族全員が笑顔になれたディズニーシー。

33歳オジサン、益々ハマりそうです(笑)