自省録

日々立ち止まりながら思いついたことを長々と書くblog

一つのこと

雨。

 

珍しく休日に飲み会、という時に限って結構な雨が降ってたりします。飲み会が終わる頃には止んでいると良いのですが…。

 

その飲み会までは会社で仕事をしていました。後に楽しみが待っているから昼は頑張ろうという思いよりは、妻への後ろめたさを少しでも和らげたい思いの方が強いです(笑)

 

出張が多いため、会社の事務作業が溜まることが多いのですが、最近読んだ自己啓発本の実践で、あれもこれもやろうとせず優先順位を決めて目の前の仕事を一つずつ終わらせることを心掛けています。自己啓発本…内容を消化して生活の中で実践しないと意味が無いとは思いつつも、藁をもすがる思いでついつい手を出してしまいます。

 

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

 

 

本書ではマルチタスクをこなすことは非効率という考え方を大前提として、一つのことに集中して取り組むべきだ、 と繰り返し主張しています。

 

一点に注力することで想像以上の成果に結びつく…主張している内容自体は必ずしも目新しいものではないと思うのですが、生まれながらの「ながら族」の私にとっては、これまで失敗してきたやり方を論理的に指摘されているような気持ちになりました。

 

テレビを見ながら勉強をしたり、ゲームをしながら卒業論文を買いたり、必要も無いのに同時並行で仕事を進めたり…。文字にすると恥ずかしくなる行動ばかりですが、人生の各ステージで同時並行で作業を進められると自分を過信したために、結局中途半端な結果に終わっていたことを思い出しました。また、仕事においてもプライベートにおいても、「あれもこれもやらなければいけない」と考えるせいで気が散ってしまい、結局目の前のすべきことに手がつけられない…ということも日常生活で山ほど経験してきました。

 

どこかで「いずれはマルチタスクになれる」と思っていたせいか、これまでの失敗体験に蓋をして、いつまでも同じ過ちを繰り返してきました。自分には一つのことしかできない、だからこそやるべきことを洗い出し、優先順位を付け、本当にやりたいこと見つけることが重要だと感じました。

 

以上、読書感想文みたいな記事になってしまいましたが、これから「一つのこと」を実践していきたいと思います。