自省録

日々立ち止まりながら思いついたことを長々と書くblog

スマホの最適解

今年初めからスマホ格安simにしました。

 

一番のきっかけはソフトバンクの接客姿勢にブチ切れしたからなのですが、通話は月に10分程度、ゲームはほとんどしない、写真はカメラで撮ることが多い…程度の使い方だったので、わざわざ大手キャリアのハイスペックスマホを買い続ける必要は無いと判断しました。simはMVNO中で頑張ってる感のあるケイ・オプティコムのmineoにしました。関西電力万歳。とはいえ、mineoはセット購入のバリエーションが少ないため、自分の用途に合いそうな simフリースマホを探しました。

 

私がスマホに求める機能は以下となります。

 

・メールとLineのやりとり(通話はほとんどしない)

電子書籍を読む(漫画メイン…)

・写真、動画を見る(サクサク感重要)

 

会社で支給されている電話がiPhone SEで、プライベートで万一緊急事態があればそちらを使うことができますし、平日日中に電話することはまず無いですし、土日に電話をする必要があればヘッドセットを使えば良い、ということで自分には申し訳程度の通話機能と大画面が必要、との結論に至りました。

 

その結果がコレ(笑) 

 

 

タブレットです!

 

しかも、ガラケーとの2台持ちではなく、この機種1台持ち。万が一電話が掛かってきたら、「しもしも、時任三郎?」みたいになってしまうのですが、半年間運用して、電話が掛かってくることがまずないのと、家族から理解が得られているので何とかなっています。大学を卒業して10年以上、友人と電話しなくても何とかなるのが良いことなのかどうなのか…。

 

電子書籍DAZNスポナビライブ、amazonプライムビデオの動画配信をノーストレスで見られる点は最高です。

デメリットとしては携帯性は勿論ですが、バッテリーの持ちが悪いこと、電車で座って弄っていても隣から見えやすいことでしょうか…最後は自意識過剰ですが。

 

6インチぐらいのsimフリースマホが4万円程度で発売されれば考えるのですが、zenfoneの次回作も微妙な気がするし、サムスンやファーウェイの傘下に下るのは自分の中で何かを失いそうな気がするし、短期間でコロコロ機種を買い替えていたら格安simにした意味が無くなるので、今は我慢の時と言い聞かせています。

 

まぁ、悩んでいる時間が一番楽しいですけどね。