自省録

日々立ち止まりながら思いついたことを長々と書くblog

新東京ダービー

今日の夕食は鰻丼でした。

 

鰻をお取り寄せしました。ネットでかなり適当に選んだので少し心配でしたが、美味しかったです。


f:id:htup8418:20170723213243j:image

 

今日は「東京ダービー」のお話。

 

私のようなサッカーファンは東京ダービーと言えば「東京ヴェルディ vs FC東京」のJリーグ東京ダービーが真っ先に来ます。ですが、ヴェルディが10年近くもJ2にいるので、現在では天皇杯ぐらいでしか実現の可能性がありません…。ちなみに「東京ヴェルディvs町田ゼルビア」の方は「東京クラシック」と銘打たれています。もう一つダービーと言えば競馬ですが、東京ダービー地方競馬(大井競馬)の重賞レースのことで、有名な中央競馬の方は日本ダービーもしくは東京優駿です。

 

昨日TV見たのは上記のいずれでもなく、「東京23FC vs 東京ユナイテッド」の「新東京ダービー」でした。関東サッカーリーグに両クラブは属していますが、J1の下のJ2の下のJ3の下のJFLの下。つまり、5部相当です。そんな両クラブの試合をスカパーで無料生放送(スカパーもJリーグというコンテンツを失ったので必死)されていたので、興味本位で最後まで見てしまいました。

 

正直、試合のレベルとしては高くないと思いましたが、普段DAZNで観る機会のあるJ2やJ3の下位と比較しても、ゴール前での精度・迫力を除けば大きな差があるようには感じませんでした。東京23FCの監督が羽中田昌だったり、東京ユナイテッドのコーチが林健太郎や岩政だったりする所が5部とは言え、流石23区からJを目指すクラブだな、と思わせてくれます。特に東京ユナイテッドは財界にコネクションを持つという強みがあり(詳しくは知りませんが…)、他クラブと比較しても資金力があるようです。少なくとも一方は近い将来JFLJ3へと駆け上がっていくと思います。

 

ただ、今後東京都の中でビッグクラブとなるためには、内容(=サッカースタイル)と劇場(=スタジアム)の充実避けて通れません。特にスタジアムの問題は重くのしかかります。在京のJリーグ所属の3クラブ、FC東京東京ヴェルディ町田ゼルビアでさえ今のスタジアムに満足できているかクエスチョンです。ましてや、23区内で新スタジアム建設、それもサッカー専用のスタジアムとなると至難の業です。

 

東京五輪を控え、国立競技場を含めた都内の陸上競技場、サッカースタジアムは再編される可能性が大いにあります。2020年までにこの2クラブがどのカテゴリーに属し発言権を持つか、あるいは23区以外のクラブ、東京都以外のクラブが新スタジアム建設するか、またはホームタウン移転するか、この3年で様々な可能性が考えられます。

 

首都・東京にメガクラブが誕生し、東京の複数のクラブがJリーグの覇権を争う…そんな構図が生まれれば日本のサッカーは新たな局面を迎えるかもしれません。