自省録

日々立ち止まりながら思いついたことを長々と書くblog

保険の見直し

子供が生まれて1年半が経ちました。

 

保育園に入れることが出来ず、今月で妻が退職することになりました。子供にとってはこれで良かったのかも…と思う反面、家計的には益々厳しくなります。特に、年に数回は旅行に行きたい(数年に一度は海外旅行も行きたい)と夫婦共に思っている(ハズ)なので、無駄遣いを減らして、世帯収入の減少の影響を最小限に抑えたいのです。

 

一応、スカパー!を解約したり、昨年から格安Simに変えたり、日経新聞を証券会社の口座経由で読んだりして、月々の固定費削減に着手しています。(スカパー!を解約したのはJリーグの放送が無くなったのと、プレミアリーグの生放送が激減したからですが…結果オーライです)私のお小遣いは聖域(笑)として、光熱費を除くと後は保険料くらいです。

 

その保険料。

2010年の結婚直後に『ほけんの窓口』で相談して契約し、多少マイナーチェンジをしていたのですが、貯蓄型で月5万円程度、賭け捨てで月1万7千円程度支払っています。ちなみに明細はザックリ以下の通りとなります。(個人情報に関わることでもありませんので…)

 

①収入保障保険     5千円(掛捨)

医療保険        12千円(掛捨)

③積立利率変動型保険   41千円(積立)

④積立利率変動型保険     9千円(積立)

 

②と③は夫婦二人分の合計です。生命保険として①の収入保障保険は必須、積立(貯蓄型)は満期になれば払い戻しとなるので、貯金として考えれば(多少の損得はあっても)現状で良いのかな、と思っています。そうなると、やはり手をつけるべきは医療保険。入院費日額10,000円の保障は必要か、私と妻で同じ内容の契約は必要か、安心をお金で買っているとはいえ、長期に渡って払い続けるものですので取捨選択する必要があります。

 

小市民なので、医療保険は全く必要ないなんてとても言えないのですが、少しは薄着にしても良いかなと思います。

 

来週人間ドックなので結果を見てから…。