自省録

日々立ち止まりながら思いついたことを長々と書くblog

あきえちゃんロスと懇親会

鈴木あきえちゃんが『王様のブランチ』を卒業。

 

関西出身の私にとって王様のブランチはNG大賞の時ぐらいしか見ない(放送していない)馴染みのないものだったのですが、東京で働くようになって、土曜日の朝の始まりにはにはちょうど良い番組となりました。特に興味の無い話題を半日掛けてダラダラと放送している感じが良かったんですよね(笑)

 

朝起きてから昼に向かって徐々に元気になってきて、「さぁ、これから休日を楽しむぞ」という時に見るのが鈴木あきえちゃんの『買い物の達人』でした。毎週必ず見ていた訳ではありませんが、彼女の笑顔とボケとツッコミは休日の一つの象徴だったと思います。思えばいつから見始めたのかな…。司会が谷原章介になった時ぐらいからかな…。

 

鈴木あきえちゃん…彼女が凄く綺麗だとか、凄く華があるだとか、そんなことは一回も思ったことないんですけど、10年近く彼女を見続けていました。誰よりも可愛いと。本当に不思議です。東京で働いて、辛いことが一杯あって、色んな経験をして、振り返ったら結局あきえちゃんが可愛いって結論かよ(笑)

 

最後の放送となった出川さん(敢えてさん付け)との掛け合いも息がピッタリで、鼻ザリガニも、熱湯風呂も、結婚式の映像もとても面白くて、サプライズ出演のあきえちゃんのお母さんも人の良さが滲み出ていて、「一つの番組、一つのコーナーを10年も続けられたあきえちゃんは本当に良い子で、周りの人に恵まれたんだろうなぁ」と、全く面識が無いけど強く思った訳です。もう感動です。クライマックス、感動の場面での落とし穴も最高でした。妻が呆れるくらい昼から爆笑してしまいました。泣きそうにもなりました。視聴者を自然と笑顔にする才能と努力、これからも応援しています。

 

 

翻って私の話。一昨日の懇親会で私のことを気に食わない先輩に多少文句を言われまして、ただでさえ無い自信を喪失中です。元々、私は「人に評価されたいけど、無理はしたくない、できれば努力もしたくない」と思っている人間なので、「努力に裏付けされた自信」がありません。なので、強く責められると、得意分野を除いて反論出来なくなってしまい、その懇親会でも似たような状況に追い込まれてしまいました。

 

そんなうつむき気味だった私ですが、今日のあきえちゃんのひたむきな姿に今の私に必要なことのヒントが隠されているような気がしました。「今日泣いて、努力して、明日に笑う」、そんな姿勢が今私には必要です。「笑顔と努力」をキーワードにこれから頑張りたいと思います。

 

あきえちゃんに幸あれ。